勾玉約1500個が一堂に 東京・大田区立郷土博物館

2022年08月12日
共同通信共同通信
宝萊山古墳で見つかったヒスイ製の勾玉(大田区立郷土博物館提供)
宝萊山古墳で見つかったヒスイ製の勾玉(大田区立郷土博物館提供)

 

 全国の古墳などから出土した勾玉(まがたま)約1500点を一堂に集めた特別展「大勾玉展」が、10月16日まで大田区立郷土博物館(東京都)で開かれている。学芸員の斎藤あやさんは「これだけの数を一度に見られる機会は珍しい。素材や形状の変遷に注目して、じっくり見比べてほしい」と話す。


 区内の主要な古墳の一つ「宝萊山(ほうらいさん)古墳」の東京都史跡指定70周年を記念して企画された。宝萊山古墳は4世紀前半の築造とみられる前方後円墳で、副葬品として鏡や鉄刀と共にヒスイ製の勾玉が4点見つかっている。

宝萊山古墳で出土した鏡のレプリカや鉄刀などの副葬品=東京都の大田区立郷土博物館
宝萊山古墳で出土した鏡のレプリカや鉄刀などの副葬品=東京都の大田区立郷土博物館

 

 特別展では、宝萊山古墳近くの多摩川台5号墳の出土品も紹介。青森県や茨城県、京都府など各地の勾玉との比較を通じて、そのルーツを探る。


 古墳から副葬品として見つかるイメージが強い勾玉だが「実は縄文時代から作られています」と斎藤さん。当初は素材も形状もばらばらだったが、弥生時代に入ると北部九州などで、ヒスイで盛んに作られるようになり、形も定まってきたという。瑪瑙(めのう)製や水晶製が目立つのは古墳時代で、流行の変化がうかがえる。

特別展「大勾玉展」の展示風景=東京都の大田区立郷土博物館
特別展「大勾玉展」の展示風景=東京都の大田区立郷土博物館

 

 大きな勾玉の周囲に小さな勾玉を複数付けた「子持勾玉」を特集するコーナーも。全国で数百点が出土しているが「どういう意図で作られ始めたのか、はっきりしない。謎が多いところも勾玉の魅力の一つです」。


 月曜休館(祝日の場合は開館)、一般200円など。問い合わせは同館、電話03(3777)1070。

新聞社の注目記事

電動車いす3人組作家「トリプル☆リー」の岩崎麻里子さん急死 39歳 4こま漫画を新聞連載、障害者への合理的配慮伝える
11月23日
南日本新聞南日本新聞
「このままでは統一教会が救済されるだけ」「被害者の声聞いて」 元2世信者ら、救済法案の見直し訴え
11月23日
東京新聞東京新聞
年度末に雇い止め危機の非正規地方公務員、数十万人規模か 「3年目の壁」自動では契約更新されず
07時20分
東京新聞東京新聞
自衛隊員による取材カメラマンの撮影制止、新聞労連が抗議声明
11月23日
琉球新報琉球新報
沖縄のステーキ店、マニュアル守らず引火か パフォーマンス中に客に炎が…5歳児と父やけど
11月23日
沖縄タイムス沖縄タイムス
浅野拓磨「この瞬間を想像しながら準備してきた」4年越しの悔しさ込めた決勝ゴール サッカーW杯ドイツ戦
07時01分
東京新聞東京新聞
  • 共同通信会館
  • 地域再生大賞
  • ふるさと発信
  • 弁当の日
  • 共同通信会館
  • 地域再生大賞