使い捨てカップ、年3億個超 スタバなどカフェ大手9社

カフェチェーン各社の使い捨てカップ。大量のごみの発生源になっている(グリーンピース・ジャパン提供)
カフェチェーン各社の使い捨てカップ。大量のごみの発生源になっている(グリーンピース・ジャパン提供)
2022年08月12日
共同通信共同通信

 日本の主要カフェチェーン9社で2020年に使い捨てられたプラスチックや紙のカップが、推計で3億6950万個に上るとの調査報告書を環境保護団体グリーンピースが12日までにまとめた。1日100万個を超える計算で「再利用容器の使用拡大などで使い捨てカップ削減に取り組む必要がある」と指摘した。

 調査対象はスターバックスコーヒー、タリーズコーヒー、プロントなど大手カフェチェーン9社。各社へのアンケート、調査員を使った店内での観察、集めたレシートの分析などを基に、各企業の売り上げデータなどを加味して20年の使い捨てカップの消費量を推定した。

共同通信共同通信

国内外約100の拠点を軸に、世界情勢から地域の話題まで、旬のニュースを的確に、いち早くお届けします。

https://www.kyodonews.jp/