バイデン氏、夏休み入り 南部のゴルフリゾート

10日、米南部サウスカロライナ州チャールストンに到着したバイデン大統領(左)とジル夫人(AP=共同)
10日、米南部サウスカロライナ州チャールストンに到着したバイデン大統領(左)とジル夫人(AP=共同)
2022年08月11日
共同通信共同通信

 【ワシントン共同】バイデン米大統領(79)は10日、夏休みのためジル夫人と共に首都ワシントンのホワイトハウスを離れ、南部サウスカロライナ州チャールストンに到着した。プライベートビーチやゴルフリゾートがある同州キアワ島などで少なくとも7日間の休暇を取る見通し。

 バイデン氏は7月に新型コロナウイルスに感染し、いったん陰性となった後、再び陽性となった。回復後に対外活動を再開したが、8月9日の演説中もせきが止まらず、体調は万全とは言えない。ゆっくり休んで英気を養うことになりそうだ。

 米国内では記録的な物価高騰で政権の求心力が低下している。

共同通信共同通信

国内外約100の拠点を軸に、世界情勢から地域の話題まで、旬のニュースを的確に、いち早くお届けします。

https://www.kyodonews.jp/