サッカーW杯開幕、1日前倒しか 11月20日案でFIFA検討

サッカーW杯カタール大会の決勝戦の会場となるルサイル競技場=3月、ルサイル(共同)
サッカーW杯カタール大会の決勝戦の会場となるルサイル競技場=3月、ルサイル(共同)
2022年08月10日
共同通信共同通信

 【ロンドン共同】サッカーのワールドカップ(W杯)カタール大会の開幕日が11月21日から1日早まる可能性があると10日、ロイター通信やAP通信など複数のメディアが一斉に報じた。国際サッカー連盟(FIFA)が開催国カタールとエクアドルの1試合を、11月20日に開幕戦として実施する案を検討中という。

 現在の日程では開幕日の21日は午後1時(日本時間午後7時)のセネガル―オランダが第1試合で、午後7時(同22日午前1時)のカタール―エクアドルは第3試合に組み込まれている。

共同通信共同通信

国内外約100の拠点を軸に、世界情勢から地域の話題まで、旬のニュースを的確に、いち早くお届けします。

https://www.kyodonews.jp/