猛暑影響!? 熊本市電レール〝木製突っ張り棒〟燃える 「低温着火」原因か

市電の軌道敷内で自然発火した間隔保持材=9日午後、熊本市中央区
市電の軌道敷内で自然発火した間隔保持材=9日午後、熊本市中央区
2022年08月09日
熊本日日新聞熊本日日新聞

市電の軌道敷内で自然発火した間隔保持材=9日午後、熊本市中央区高温のレールから熱が伝わり、炭化した間隔保持材の端 9日午後0時40分ごろ、熊本市電の新町電停(中央区新町2丁目)で、軌道敷内の木材から煙 ...

記事全文を読む