×
メニュー 閉じる メニュー

関学大が明大に競り勝つ 春季定期戦

2022.5.6 13:28 宍戸 博昭 ししど・ひろあき
明大LB石井(32)と競り合いパスをキャッチする関学大WR河原林(9)=関東学生アメリカンフットボール連盟提供
明大LB石井(32)と競り合いパスをキャッチする関学大WR河原林(9)=関東学生アメリカンフットボール連盟提供

 

 明大と関学大の定期戦が5月3日、東京・アミノバイタルフィールドで行われ、関学大が28―21で競り勝った。

 1947年から始まった両校の定期戦は、新型コロナウイルスの影響で3年ぶりの開催で、長年続いた「春の定期戦」という形での対戦は今回が最後になる。

 

 先制したのは関学大。第1クオーター、試合開始のキックオフのボールをRB池田(3年)が好リターンして敵陣深く攻め込み、エースQB鎌田(3年)がWR衣笠(3年)に26ヤードのTDパスを決めた。

 

 近年、充実したリクルートで人材豊富な明大はすぐさま反撃。RB森川(4年)、広長(2年)のランを中心に時間をかけて着実にゲインを重ね、第1クオーター7分59秒に広長がゴール前1ヤードから飛び込み7―7とした。

 

 第2クオーターは、関学大がRB澤井(2年)の22ヤードTDランと池田の19ヤードTDランで加点し、前半を21―7で折り返した。

 

 明大は第3クオーター7分1秒に、QB吉田(4年)がゴール前10ヤードから自ら走ってエンドゾーンにボールを運び、第4クオーター58秒には吉田が広長に9ヤードのTDパスを通して21―21の同点に追い付いた。

力強い走りで関学大守備陣を翻弄する明大のRB森川(6)=関東学生アメリカンフットボール連盟提供
力強い走りで関学大守備陣を翻弄する明大のRB森川(6)=関東学生アメリカンフットボール連盟提供

 

 後半は攻守に控え選手を投入した関学大は、第4クオーター10分13秒に澤井の8ヤードTDランで勝ち越した。

 

 関学大は5月15日に神戸市王子スタジアムで桜美林大、明大は同8日にアミノバイタルフィールドで日大と対戦する。

宍戸 博昭 ししど・ひろあき

名前 :宍戸 博昭 ししど・ひろあき

プロフィール:1982年共同通信社入社。運動記者として、アトランタ五輪、テニスのウィンブルドン選手権、ボクシングなどスポーツ全般を取材。日本大学時代、「甲子園ボウル」にディフェンスバック、キックオフ、パントリターナーとして3度出場し、2度優勝。日本学生選抜選出。NHK―BSでNFL解説を20年以上務めている。

最新記事