×
メニュー 閉じる メニュー
2022.4.25 19:07 エレビスタ株式会社

太陽光発電仲介サイト「SOLSEL」が調査!投資用太陽光発電所を売却しようと思った理由 

太陽光発電仲介サイト『SOLSEL』のご紹介

 

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202204250447-O5-f0BUGDW6

 

SOLSELとは、エレビスタ株式会社が手掛ける、日本最大級の太陽光発電所の売買仲介サービスで、日本で初めて中古太陽光発電の売買を開始しました。

 

取扱総額は900億円を突破し、太陽光投資・物件売買サービス第1位に選ばれています。

 

低圧〜特別高圧まで幅広い太陽光発電所を取り扱っており、太陽光投資の全てをワンストップで統一規格の透明性で、面倒な作業を丸投げできるプラットフォームが特徴です。

 

SOLSELでは、全ての物件を一元管理できるツール「SOLSELレポート」を提供しており、購入後の実際の利回りや発電状況などを確認できます。購入前も、購入後も、担当コンシェルジュが太陽光投資に関わるあらゆる面から全方位的にサポートしていきます。

 

 

太陽光発電所の売却を考えるきっかけ

古くは一般住宅の省エネ対策として広まった太陽光発電ですが、20年に渡って国が定める固定価格で電気を買い取ってくれる制度「固定買取制度(FIT)」が始まり、今や太陽光発電は投資としても注目されるようになりました。

 

しかし、投資用太陽光発電を所有している人の中には、

・メンテナンスが面倒

・新しい事業を始めたいので資金が必要になった

・自然災害が増えて、今後太陽光がどうなるのか不安になった

・出力抑制の可能性が高くなったので、価格が高いうちに売却したい

といった理由で売却を考えている方が増えています。

 

その他にも、さまざまな理由から売却を検討している方がいます。

 

投資用太陽光発電の売却を検討した理由

 

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202204250447-O1-k1aBV41x

 

実際、ソルセルに売却のお問い合わせをしていただいた方の売却理由の半数以上は「いまの査定金額を知りたい」が52.9%です。

 

「いつ売りたい」「いくらで売りたい」がわからない方にとっては、いまの物件価値を知っておくことが、今後の売却を決める上でとても重要です。

 

なぜなら自分の物件価値を把握しておかないと、いざ売り出す時に適正価格よりも低く見積もられたり、自然災害が起きた時、自分の物件にどれほどの損失が出るのかを把握できなくなってしまうからです。

 

他にも最近では、九州エリアのみであった出力抑制が東京電力・中部電力・関西電力以外のエリアで出力抑制が起こる可能性が高くなりました。

 

そもそも電力の需給バランスが崩れると電力の周波数が変動してしまうので、出力抑制を行い、電気の需要量と供給量を調節しバランスを保っています。

 

周波数が規定値よりも乱れると発電所の発電機は強制的に停止するように設計されていますが、発電機は一度停止すると、再稼働するまでに時間がかかり、その間に電力不足に陥ってしまいます。結果、電力の供給が追いつかず、大規模な停電を引き起こすことになってしまいます。

 

そのため、今後は停電が起きないように大量の電気を消費する都心部以外の発電所は、出力抑制される可能性が高いのです。

 

出力抑制が起こると、電力会社が電気を買い取ってくれなくなるので、せっかく発電した電気は売電できなくなり、その結果収益が減ってしまいます。

 

将来的に太陽光発電所を売りたいと思った時に、経過年数や売電収入などの実績で査定されるため、こういった出力抑制などで収益額が減ってしまうと、売却価格の概算を出す際に足かせになりかねません。

 

このように出力抑制が原因で収益額が減ってしまうと、将来的に太陽光発電の売却価格は今よりも下がると予想できます。

 

そのため出力抑制対象エリアの太陽光発電所を所有している方は、売電収入が下がってしまう前に、まずは無料査定で自分の物件価値を把握しておくことをおすすめします!

 

 

SOLSELの案件年代ごとの売却価格の概算平均値

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202204250447-O2-5hi7ufY9

 

セカンダリーマーケットでの太陽光発電所の1基あたりの売却価格は平均15,000,000円ですが、SOLSELでは毎年平均以上の売却価格で仲介しています。

 

売電価格は毎年のように値下がりしており、太陽光発電所を高い価格で売却できなくなっているにもかかわらず、2021年には過去最高の売却価格を出しています。

 

SOLSELでは、実際に所有している物件がどのくらいの価格で売れるのか、無料シミュレーションで査定することができます。

まずは簡単にシミュレーションをしてみて、今後の売り出す時期を決めるのもひとつの手です。

 

次にソルセルでの売却の流れについて解説していきます。

 

 

実際に売却するまでの流れ

 

お問い合わせいただいた情報を元にSOLSELが、売却の相場査定価格をご提案させていただきます。

 

査定項目の一部は以下の通りです。

 

・経過年数

・物件所在地

・各年の売電収入

 

これらの査定項目から、シミュレーションをし、概算金額をご提示するという流れとなります。

 

売却までの一連の流れは、下記の通りです。

 

1.査定(5分)

2.掲載(3日)

3.買主発見・交渉(2週間後)

4.売買契約(1週間)

5.登記変更(3週間程度)

6.決済(1週間)

 

SOLSELで太陽光発電を売却するまでにかかる期間は、平均3ヶ月、最短で1.5ヶ月です。

 

 

他社と比較したSOLSELで売却するメリット

 

SOLSELでは、売買に必要な手続きの手間をほぼ全て丸投げしていただけます。

 

また、仲介での売買の速さの平均が6ヶ月程度ですが、SOLSELは平均で3ヶ月・最短で1.5ヶ月と業界トップクラスです。ですので、売り出してから買主様が見つかるスピードが早く、他社よりも高い金額で売却できるのが特徴です。

 

 

SOLSELへの満足度調査

 

 

 

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202204250447-O3-a3Mi49M3

 

実際にSOLSELを利用して売却を行った方に満足度調査を行いました。

結果、「満足した」と答えた方は81.7%で半数以上の方に満足していただきました。

 

ここで具体的な感想を何点かご紹介します。

 

【表:https://kyodonewsprwire.jp/prwfile/release/M106962/202204250447/_prw_OT1fl_aa84tRlM.png

 

【表:https://kyodonewsprwire.jp/prwfile/release/M106962/202204250447/_prw_OT2fl_25k7ifsi.png

 

【表:https://kyodonewsprwire.jp/prwfile/release/M106962/202204250447/_prw_OT3fl_rH4P87a5.png

 

【表:https://kyodonewsprwire.jp/prwfile/release/M106962/202204250447/_prw_OT4fl_zCYu7svr.png

 

 

まとめ

SOLSELは、売却価格、売却スピードともに業界トップクラスを誇っています。

 

また、売買に必要な手続きの手間をほぼ全て丸投げしていただけるため、安心・安全にお手続きしていただけます。

名義変更などの手続きは手間がかかり、初めての方は資料を集めて手続きが完了するまでに1ヶ月程度かかることもあるので個人ですべての手続きを完結するのは難しいといえます。

 

また、記入漏れがあると、未提出にされたり、売電収入が入ってこなかったりと、早急に太陽光発電を売却して現金を手にしたい方にとってはリスクが大きいです。

 

SOLSELでは、このような面倒な手続きを代わりに行うだけでなく、サイトへの掲載費用や売主様にかかる手数料も一切かかりません。

 

「太陽光発電の売却を考えている」「持っている太陽光発電の売却価格がどのくらいになるのか知りたい」などのご相談も承っております。

 

また、無料シミュレーションも5分で完了するので、ぜひお気軽にお問い合わせください!

 

関連記事

太陽光発電投資について

太陽光発電の売却について

太陽光投資セミナーについて

 

企業概要

会社名:エレビスタ株式会社

住所:東京都中央区京橋3-9-4 新京橋ビル7F

電話:03-6263-2723

 

サービスサイト

SOLSEL(ソルセル)

まとめてソーラー

 

運営メディア情報

CHOOSENER+

SOLACHIE

Spaceship Earth

太陽光発電メリットとデメリット

お金マスター

お金のエキスパート

クレジットカードの学舎

monery partners