若者のAV出演強要に注意喚起 政府対策、相談強化

若者を狙ったアダルトビデオ(AV)への出演強要問題に関する関係府省庁の対策会議であいさつする野田男女共同参画相=31日午後、東京・永田町
若者を狙ったアダルトビデオ(AV)への出演強要問題に関する関係府省庁の対策会議であいさつする野田男女共同参画相=31日午後、東京・永田町
2022年03月31日
共同通信共同通信

 政府は31日、若者を狙ったアダルトビデオ(AV)への出演強要問題に関する緊急対策を取りまとめた。4月から民法の成人年齢が引き下げられ、18、19歳は後から契約を取り消せる「未成年者取り消し権」の対象外となる。出演を強要される恐れが高まるとの指摘に対応。会員制交流サイト(SNS)を活用し危険を注意喚起するとともに、相談を強化する。

 関係府省庁の対策会議を開き、対策を決めた。野田聖子男女共同参画担当相が出席し「被害者の心身に深い傷を残す重大な人権侵害だ。行政府としてできることを最大限やる」と述べた。

共同通信共同通信

国内外約100の拠点を軸に、世界情勢から地域の話題まで、旬のニュースを的確に、いち早くお届けします。

https://www.kyodonews.jp/