非正規教員に賃金未払い 東海大浦安高に労基署勧告

2022年03月22日
共同通信共同通信

 非正規雇用の20代男性教員に未払い賃金があったなどとして、千葉県浦安市の東海大付属浦安高が船橋労働基準監督署(同県船橋市)から是正勧告を受けていたことが22日、分かった。勧告は1月7日付。男性が加入する労組「私学教員ユニオン」(東京)によると、他の私立高でも非正規教員が授業準備や部活動対応に費やした時間の未払いが問題になっている。

 全国の私立高で約4割が非正規教員との推計もあり、労組は「氷山の一角だ」と指摘している。

 同校の代理人弁護士は取材に勧告を受けたと認め「是正すべき点は是正していきたい」とコメントした。

共同通信共同通信

国内外約100の拠点を軸に、世界情勢から地域の話題まで、旬のニュースを的確に、いち早くお届けします。

https://www.kyodonews.jp/