×
メニュー 閉じる メニュー

金ケ崎産ハーブ酒開発 50種超栽培、4月発売へ

2022.1.19 18:00 岩手日報

「茶酒・桑ノ木田30」と「和花」のボトルを手に、今後の浸透を期す老川和磨さん(左)と林優花さん

 地元産の薬草を使った酒を発信しようと、金ケ崎町西根出身の老川(おいかわ)和磨さん(28)が、町内で自ら栽培したハーブや、地元の桑の葉でつくったリキュールを発売する。 老川さんは東京でバーを営んでいた ...

関連記事 一覧へ