×
メニュー 閉じる メニュー

末期がん患者「在宅」終末期生存長く

2022.1.9 0:22 北日本新聞

在宅復帰する患者のケアについて、モニター画面(正面奥)の開業医と話し合う病院スタッフら。両者の連携による在宅医療充実が余命延長の要因になったとされる=厚生連高岡病院

■厚生連高岡病院が調査  末期がんで入院した患者のうち在宅復帰した人は入院を継続した人より終末期の生存期間が長いことが、厚生連高岡病院研究チームの調査で分かった。在宅の緩和ケア技術の向上に加え、家族 ...

関連記事 一覧へ