×
メニュー 閉じる メニュー

動物と触れ合える園を追求 長崎バイオパーク園長 伊藤雅男さん(60)

2021.11.27 12:50 長崎新聞

卵から育てたチョウを温室内に放つ伊藤園長。「始めた当時は日本でも珍しい展示法だった」と振り返る=西海市西彼町、長崎バイオパーク

 はじめは「3年間のつもり」だった。動物と向き合い、同僚飼育員だった妻と結ばれ、家族ができた。縁もゆかりもない長崎にやってきて38年。今年6月、副園長から園長に昇任した。  園長になっても、飼育して ...

関連記事 一覧へ