×
メニュー 閉じる メニュー

境内のちょうずに浮かぶ四季の花 「きれいだニャア」と看板猫

2021.10.13 12:05 神戸新聞

長く倉庫で眠っていた石臼を活用したミニヒマワリの花手水。看板猫「くぅ」もどこか気持ちよさそう=川西市赤松、高原寺

 兵庫県川西市の北西部・岩根山のふもとにある高原寺(同市赤松)が、かつて参拝客の手洗い場に使っていた「ちょうず場」で、四季折々の花を敷き詰めた「花手水(はなちょうず)」を続けている。コロナ禍で散歩客が ...

関連記事 一覧へ