×
メニュー 閉じる メニュー

レーベンズKタッカー、NFL史上最長の66ヤードFG決める

2021.9.27 12:53 宍戸 博昭 ししど・ひろあき
NFL史上最長の66ヤードFGを成功させたレーベンズのKジャスティン・タッカー(9)(AP=共同)
NFL史上最長の66ヤードFGを成功させたレーベンズのKジャスティン・タッカー(9)(AP=共同)

 NFLのレギュラーシーズン第3週第2日の9月26日(日本時間27日)、レーベンズのKジャスティン・タッカー(31)がライオンズ戦の試合終了間際に、NFL史上最長となる66ヤードのFGを成功させた。レーベンズはこのFGで19―17と逆転勝ちした。

 これまでのNFL記録は、2013年にマット・プレーター(現カージナルス)がブロンコス時代に記録した64ヤード。

 

 タッカーの決勝FGは、クロスバーに当たりバウンドしてからゴールポストを通過した。

宍戸 博昭 ししど・ひろあき

名前 :宍戸 博昭 ししど・ひろあき

プロフィール:1982年共同通信社入社。運動記者として、アトランタ五輪、テニスのウィンブルドン選手権、ボクシングなどスポーツ全般を取材。日本大学時代、「甲子園ボウル」にディフェンスバック、キックオフ、パントリターナーとして3度出場し、2度優勝。日本学生選抜選出。NHK―BSでNFL解説を20年以上務めている。

最新記事