×
メニュー 閉じる メニュー

日大の橋詰功前監督がアサヒビールのアドバイザーに就任

2021.9.24 21:42 宍戸 博昭 ししど・ひろあき
アサヒビール・シルバースターのアドバイザーに就任した橋詰功前日大監督
アサヒビール・シルバースターのアドバイザーに就任した橋詰功前日大監督

 

 日大アメリカンフットボール部前監督の橋詰功氏(58)=立命大OB=が、日本社会人XリーグのX1エリア東地区所属のアサヒビール・シルバースターのアドバイザーに就任したことが9月24日、明らかになった。

 アサヒビールの関係者は「橋詰さんには、コーチ陣の育成のために力を貸してもらいたいと思っている。可能な限りのサポートをお願いするつもり」と話した。

 橋詰氏は、2018年9月に日大の監督に就任。「危険な反則タックル問題」で揺れたチームを立て直し、昨シーズンは東西大学王座決定戦として開催された「甲子園ボウル」に「フェニックス」を導いた。3年の契約期間の延長を希望したがかなわず、8月いっぱいで退任した。

宍戸 博昭 ししど・ひろあき

名前 :宍戸 博昭 ししど・ひろあき

プロフィール:1982年共同通信社入社。運動記者として、アトランタ五輪、テニスのウィンブルドン選手権、ボクシングなどスポーツ全般を取材。日本大学時代、「甲子園ボウル」にディフェンスバック、キックオフ、パントリターナーとして3度出場し、2度優勝。日本学生選抜選出。NHK―BSでNFL解説を20年以上務めている。

最新記事