×
メニュー 閉じる メニュー

地元新潟がサヨナラ勝ち 全日本学童軟式野球

2021.8.17 17:31 共同通信

 

選手宣誓をする新潟県代表新潟JBall 臼木主将
選手宣誓をする新潟県代表新潟JBall 臼木主将

 小学生野球の最高峰、高円宮賜杯第41回全日本学童軟式野球大会マクドナルド・トーナメント第1日は17日、ハードオフ新潟など6会場で1回戦8試合が行われ、地元の新潟JBallが6-5で清水町ドリームキッド(静岡)にサヨナラ勝ちした。井原アローズJr.(岡山)は初出場同士の対戦で8―6と橿原カープ(奈良)を破った。

 雨天により順延となった1回戦の残り14試合は18日に実施される。大会期間が1日延び、22日に準決勝、23日に決勝が行われる。

一回1死三塁、新潟JBallの稲越のスクイズで三塁走者小林が生還=捕手は清水町ドリームキッド(静岡)の戸倉悠吾
一回1死三塁、新潟JBallの稲越のスクイズで三塁走者小林が生還=捕手は清水町ドリームキッド(静岡)の戸倉悠吾

 

最新記事

関連記事 一覧へ