最終章に近づいたライバル物語 競泳、瀬戸・萩野が最後の力泳

2021年07月30日
共同通信共同通信
男子200㍍個人メドレー決勝のレースを終え、笑顔の瀬戸大也(左)と萩野公介=東京アクアティクスセンター
男子200㍍個人メドレー決勝のレースを終え、笑顔の瀬戸大也(左)と萩野公介=東京アクアティクスセンター
 世界のトップレベルで切磋琢磨してきた2人がそれぞれの思いを存分にぶつけたレースだった。1994年5月生まれの瀬戸大也と同年8月生まれの萩野公介。苦難の末にたどり着いた競泳男子200メートル個人メドレー決勝は、最終章に近づきつつあるライバル物語の1ページを刻むレースだった。
 ▽「最後のチャンス」と瀬戸
 瀬戸は大会前、調子の良さを口にしていた。出場する個人3種目でいずれも金メダルを狙える位置にいると思われていた。昨秋に発覚した女性問題による謹慎を経て、再び大きな舞台に戻ってきた。ところが最初の種目だった400メートル個人メドレー予選でいきなりつまずいた。
 競泳は米国のテレビ放送時間帯を考慮して、夜に予選、午前中に準決勝、決勝が行われる変則的なスケジュールとなった。瀬戸は自らが予想した予選通過タイムを計算に入れて泳ぎ、最後のクロール(自由形)で力を緩めた。ところが、普段は決勝が行われる夜の予選では好タイムが続出し、瀬戸は予選落ち。決勝の舞台で勝負させてもらえなかった。2種目目の200メートルバタフライも準決勝で敗退し、追い詰められていた。
 最後のチャンスとなった200メートル個人メドレー。午前中のレースとなった準決勝では得意種目の最初のバタフライを楽に入り、後半でギアを上げた。全体の3位での決勝進出に「自分がやってきたことを信じた。もらったチャンスをものにしたい」と、上向いてきた調子とともに最後の種目に懸ける思いを語った。
 ▽「神様がくれた贈り物」と萩野
 萩野は2016年リオデジャネイロ五輪の400メートル個人メドレーで金メダリストの称号を手に入れた。しかし、その後に右肘の手術で不振に陥り、数カ月にわたって休養した。予定通りに昨年、五輪が開催されていたら代表から漏れていた可能性は高い。代表選考を兼ねた今年4月の日本選手権の個人メドレーは400メートルへの出場を取りやめ、200メートルに絞って出場権を得た。
 それだけに決勝進出への思いは強かった。準決勝を終えて「本当にいろんなことがあったけど、また決勝で泳げる。(瀬戸)大也と一緒に泳げるなんて、神様がくれた贈り物としか思えない。すごく幸せ」と目を潤ませながら話した。
 ▽「すっきりしている」「悔いはない」 決勝で瀬戸は3コース、萩野は7コース。2人とも最初のバタフライはオーバーペースにならないように注意しながら泳いだ。最初の50メートルは瀬戸6位、萩野は8位での折り返し。背泳ぎが得意な萩野が3位に浮上し、続く平泳ぎは瀬戸が盛り返して3位で最後の自由形に入った。終盤までメダル圏内に粘った瀬戸は終盤でスイス選手に抜かれ4位にとどまった。萩野は6位でゴールした。
 プールの中で肩を寄せ合い互いの健闘をたたえ合った。「全力は尽くせた。今はすっきりしている」と瀬戸。萩野も「タイムは遅いかもしれないけど、力を出し切ったので悔いはない。一番幸せな五輪だった」と笑顔を見せた。メダルにはとどかなかった地元開催の五輪だったが、2人にはやりきった充実感が漂っていた。(共同通信・江波和徳)