メニュー 閉じる メニュー

X1スーパーは9月4日、富士通―ノジマ相模原で開幕

2021.7.15 11:49 宍戸 博昭 ししど・ひろあき
Xリーグは2シーズンぶりの通常開催を目指す
Xリーグは2シーズンぶりの通常開催を目指す=2019年シーズン開幕前に開催された記者会見

 

 日本社会人アメリカンフットボール協会は7月15日、2021年度の日本社会人Xリーグ秋季公式戦が9月4日に、X1スーパーの富士通―ノジマ相模原(富士通スタジアム川崎)で開幕すると発表した。

 Xリーグは新型コロナウイルスの感染防止策を徹底し、2シーズンぶりの通常開催を目指す。

 

 富士通、パナソニック、オービック、エレコム神戸、ノジマ相模原、東京ガス、オール三菱、IBMの8チームで構成するX1スーパーは、11月28日までの7節で28試合を行い、上位4チームによるトーナメント準決勝を12月12日に実施。決勝進出チームは、来年1月3日の日本選手権(ライスボウル=東京ドーム)で日本一を懸けて対戦する。

https://xleague.jp/schedule/2021/2021-x1-super-autumn-1

宍戸 博昭 ししど・ひろあき

名前 :宍戸 博昭 ししど・ひろあき

プロフィール:1982年共同通信社入社。運動記者として、アトランタ五輪、テニスのウィンブルドン選手権、ボクシングなどスポーツ全般を取材。日本大学時代、「甲子園ボウル」にディフェンスバック、キックオフ、パントリターナーとして3度出場し、2度優勝。日本学生選抜選出。NHK―BSでNFL解説を20年以上務めている。

最新記事