メニュー 閉じる メニュー

関大が関学大破る 関西学生春季交流戦

2021.7.12 11:55 宍戸 博昭 ししど・ひろあき
相手のパントを味方がブロックしたボールをそのままリターンTDに結びつけた関大DL木下翔太(96)=撮影:山口雅弘
相手のパントを味方がブロックしたボールをそのままリターンTDに結びつけた関大DL木下翔太(96)=撮影:山口雅弘

 

 関西学生リーグの春季交流戦は7月11日、神戸市王子スタジアムで恒例の「関関戦」が無観客で行われ、関大が関学大に14―6で勝った。

 

 関大は第1クオーター6分17秒、自チームの選手が相手のパントをブロックしたボールをDL木下翔太が拾い上げ、エンドゾーンまでの15ヤードを走り切り先制した(記録はパントリターンTD)。

 第2クオーターには、QB濱口真行からRB柳井竜太朗への15ヤードTDパスが成功した。

第2クオーターに15ヤードのTDパスレシーブを記録した関大RB柳井竜太朗=撮影:山口雅弘
第2クオーターに15ヤードのTDパスレシーブを記録した関大RB柳井竜太朗=撮影:山口雅弘

 

 試合は第3クオーターに、関学大がK永田祥太郎の36ヤードFGで6―14とした後、雷のためこのクオーターを2分21秒残した時点で打ち切りとなった。

 

 立命大は前半だけで4TD、1FGを挙げ近大を31―14でくだした。

立命大のオフェンスに対抗する近大守備陣=撮影:山口雅弘
立命大のオフェンスに対抗する近大守備陣=撮影:山口雅弘

 

 

宍戸 博昭 ししど・ひろあき

名前 :宍戸 博昭 ししど・ひろあき

プロフィール:1982年共同通信社入社。運動記者として、アトランタ五輪、テニスのウィンブルドン選手権、ボクシングなどスポーツ全般を取材。日本大学時代、「甲子園ボウル」にディフェンスバック、キックオフ、パントリターナーとして3度出場し、2度優勝。日本学生選抜選出。NHK―BSでNFL解説を20年以上務めている。

最新記事