メニュー 閉じる メニュー

市販鎮痛薬広く使用可能 持病ある人は相談を

2021.7.6 22:00 共同通信

 国内で接種が進む新型コロナウイルスのワクチンは効果が高い半面、頭痛、発熱といった副反応の発生率がインフルエンザワクチンなどに比べて高い。痛みや熱は市販の解熱鎮痛薬で対処できるが、薬の種類について厚生労働省は、アセトアミノフェンのほか、イブプロフェンやロキソプロフェンなどを含む「非ステロイド性抗炎症薬」も使えると明らかにした。

市販の解熱鎮痛薬を使う際のポイント
市販の解熱鎮痛薬を使う際のポイント

 

 アセトアミノフェンは比較的リスクが少ない薬として知られ、一部で品薄が発生している。非ステロイド性抗炎症薬は、高齢者への長期使用は避けるべきとされるが「用法、用量を守って1~2回服用する程度なら問題ない」と秋下雅弘(あきした・まさひろ)東京大教授(老年医学)は話す。ただ、持病のため薬を服用中の人や、腎臓の機能障害がある人は主治医やドラッグストアの薬剤師に相談すると安心だ。

 気をつけたいのは服用のタイミング。日本感染症学会は、症状が出る前に解熱鎮痛薬を飲むのは望ましくないと注意を促している。(6月28日配信)