メニュー 閉じる メニュー

【今週の見どころ】 龍馬像、離島を経て九州へ 高知、愛媛、大分

2021.4.18 0:00 共同通信
尾畠春夫さん
尾畠春夫さん
 聖火リレーは香川県に続き、19日に高知県で始まる。坂本龍馬像や清流、四万十川沿いを巡る。20日には、日本がボイコットした1980年モスクワ五輪で女子バレーボール日本代表だった竹島晶代さん(63)が走る。
 聖火は21日に愛媛県へ入り、瀬戸内海の離島や今治城をランナーが駆ける。新型コロナウイルスの感染状況を踏まえ、松山市内では公道のリレーが中止となり、イベントは無観客で実施。22日には2018年の西日本豪雨で被害を受けた地域の被災者らがトーチを掲げる。
 九州へ舞台が移る23日、リレーは大分県別府市をスタート。被災地での熱心なボランティア活動で知られる尾畠春夫さん(81)が参加する。24日は人気観光地・九重“夢”大吊橋(長さ390メートル)を走ったり、日本泳法の習得者が泳いだりしながら聖火をつなぐ。