メニュー 閉じる メニュー

カナダドル買い優勢、カナダ3月失業率は昨年2月来で最低

2021.4.10 0:08

*00:08JST カナダドル買い優勢、カナダ3月失業率は昨年2月来で最低

カナダ3月失業率は7.5%と、2月8.2%から予想以上に低下した。パンデミック前の昨年2月来で最低。また、3月雇用者数増減は+30.31万人。2月+25.92万人に続き2カ月連続のプラスで、伸びは、予想+10.00万人を上回り9月来で最大となった。

良好なカナダの雇用関連指標を好感し、カナダドル買いが優勢となった。ドル・カナダは1.2583カナダドルから1.2541カナダドルまで下落した。カナダ円は87円57銭まで上昇後、ドル・円絡みの売りに87円20銭へ反落した。

【経済指標】

・カナダ・3月失業率:7.5%(予想:8.0%、2月:8.2%)

・ カナダ・3月雇用者数増減:+30.31万人(予想:+10.00万人、2月:+25.92万人)

《KY》

市場ニュース&レポートは株式会社フィスコから提供を受けています。掲載情報の著作権はフィスコに帰属します。記事の無断転用を禁じます。情報内容は保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、47NEWSおよびフィスコは一切の責任を負いません。

▶︎株式会社フィスコ:ディスクレーマーについて

関連記事 一覧へ