メニュー 閉じる メニュー

硫黄島の戦没者遺骨 父だった 収集参加の長男、判明前に他界 故郷の墓で“再会”へ

2021.2.23 10:30 南日本新聞
市街地と東シナ海を望む吉尾家の墓=いちき串木野市照島の木原墓地

市街地と東シナ海を望む吉尾家の墓=いちき串木野市照島の木原墓地

 太平洋戦争の激戦地だった硫黄島(東京都小笠原村)で収集された遺骨が、旧串木野市元町出身で、34歳で戦死した吉尾均さんと特定された。DNA鑑定で判明し、遺族の元へ今月中旬に届いた。収集活動に21回参加 ...

関連記事 一覧へ