女性活躍ないと衰退の一途 元法大教授の田嶋陽子さん

2021年02月12日
共同通信共同通信

 東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長の女性蔑視発言で、「組織委の女性はわきまえている」も批判を浴びている。男性が多数出演するテレビ番組で歯に衣(きぬ)着せぬ発言をしてきた「元祖わきまえない女」で、元法政大教授の田嶋陽子さんは「女性が活躍できないと日本は衰退の一途をたどる」と訴える。

  ×  ×

 田嶋陽子さん
 田嶋陽子さん

 

 私は今年80歳で森さんと同じ世代。30年前、大学などの会議に女性はほとんどいないか、いても発言できなかった。女性は長い間、沈黙させられてきた。会議で男性に「話が長い」と言われるほど、「うるさい発言」ができるようになったことはすごい。素晴らしい。

 もちろん森会長の発言はあってはならない。女性に使った「わきまえている」との言葉は、身分に差がある関係で使う言葉だと思う。女性は家庭で「(夫の)3歩下がって」と言われ、妻は夫を「主人」と呼んできた。

 会長は辞めてもらった方がいいが、辞めさせて終わりでは駄目。今回は氷山の一角。これを機にみんなにもっと政治に目を向けてほしい。夫婦別姓など女性を巡る政策は後退している。政治的課題を一つ一つ解決することが女性を自由にする。

 もっと騒いで、世界中に日本が「人権無視社会」だと知ってもらうといい。日本の男性は世間体に弱いので、恥をかいて初めて「女性差別は恥ずかしい」と認識できる。きちんと発言できる能力ある女性が評価される世の中をつくらないと、日本は「ガラパゴス化」し、衰退の一途をたどる。
  ×  ×

 たじま・ようこ 1941年生まれ、静岡県出身。英文学、女性学研究者。

新聞社の注目記事

カセットこんろのガスボンベ破裂か 焼き肉中の爆発で重体の女性客が死亡 伊丹、業過致死容疑視野に捜査
12月04日
神戸新聞神戸新聞
「戦術三笘」は実は筑波大時代から 当時から抜きんでた存在に監督「チーム勝たせろ」 卒論にもまとめていた
12月04日
東京新聞東京新聞
ベトナム人実習生、偽造品販売に手を染めるケース相次ぐ 来日時に借金、コロナ禍で生活困窮
08時49分
北海道新聞北海道新聞
最優秀に赤池君(松山・久枝小) 松山で県小学生プログラミング大会 「歩いて競う健康アプリ風ゲーム」
12月04日
愛媛新聞愛媛新聞
男性トイレに汚物入れ…設置に努める医療関係者の思い 福井、小倉智昭さんも普及のきっかけに
07時20分
福井新聞福井新聞
道路からメロディ?!花笠音頭が流れる音響道路 山形市大森
12月04日
山形新聞山形新聞
  • 共同通信会館
  • 地域再生大賞
  • ふるさと発信
  • 弁当の日
  • 共同通信会館
  • 地域再生大賞