×
メニュー 閉じる メニュー

屋外の感染にも気を付けて 対人距離とマスクが有効 【新型コロナミニ知識】

2021.2.11 1:40 共同通信

 新型コロナウイルス感染は3密(密閉、密集、密接)になりやすい室内での発生が圧倒的に多いが、キャンプや公園での集まりなど屋外での報告もある。各国の論文を調べた米カリフォルニア大チームによると、マスクをしないことや人と近くで長時間接することなどが、リスクと関連していそうだ。

 
 

 理化学研究所チームによるスーパーコンピューター「富岳(ふがく)」を使った解析でも「屋外が必ず低リスクとは限らない」との結果が出ている。
 毎秒0・5メートルの微風が吹いている屋外で一つのテーブルを10人で囲み、感染者が話をする場面を想定。感染者がマスクをしていない場合は、風下やすぐ近くの人が飛沫(ひまつ)を吸い込むリスクがある。だが、マスクありの場合、1メートル離れれば飛沫はほぼ届かなくなる。


 マスクより効果が劣るマウスガードの場合でも、1・7メートル離れれば飛沫到達はほぼゼロという結果になった。(1月27日配信)