メニュー 閉じる メニュー

小矢部の養鶏場で鳥インフルか 簡易検査の13羽、全て陽性

2021.1.23 0:02 北日本新聞
県内で高病原性鳥インフルエンザの疑いがある鳥が発見されたことを報告する新田知事(中央)=22日午後9時ごろ、県庁

県内で高病原性鳥インフルエンザの疑いがある鳥が発見されたことを報告する新田知事(中央)=22日午後9時ごろ、県庁

 県は22日、小矢部市内の養鶏場で鶏が死んでいるのが見つかり、簡易検査で鳥インフルエンザの陽性反応が出たと発表した。遺伝子検査の結果は23日朝に出る見通しで、陽性なら殺処分と鶏や卵などの移動、搬出制限 ...

関連記事 一覧へ