メニュー 閉じる メニュー

トヨタ系部品各社 水素技術、ミライに結集 航続距離3割増実現  外販も視野に

2020.12.11 5:00 中部経済新聞
豊田合成は新工場で高圧水素タンク(右)を生産

豊田合成は新工場で高圧水素タンク(右)を生産

 トヨタ自動車は9日発売した燃料電池車(FCV)の新型「MIRAI(ミライ)」で初代よりも水素搭載量と燃費を向上させ、1充てん当たりの航続可能距離を約850キロメートルに約3割引き上げた。トヨタ系部品 ...

関連記事 一覧へ