メニュー 閉じる メニュー

「お神酒の口」作り つなぐ伝統

2020.11.28 9:00 信濃毎日新聞
松子さん(左)が見守る中、「お神酒の口」を編む娘の恵利子さん

松子さん(左)が見守る中、「お神酒の口」を編む娘の恵利子さん

 松本市原の矢沢松子さん(93)と次女の千野恵利子さん(62)=塩尻市=が、江戸時代から松本地方に伝わる正月の縁起物「お神酒(みき)の口」(国選択無形民俗文化財)作りに精を出している。松子さんが高齢の ...

関連記事 一覧へ