メニュー 閉じる メニュー

コロナ禍 マスクで助け合い 介護者の会、収入減の授産施設に大量発注

2020.11.13 11:55 京都新聞
障害者就労支援施設「なづな学園」の利用者が手がけたマスクを受け取る木村さん(右)たち=京都市東山区

障害者就労支援施設「なづな学園」の利用者が手がけたマスクを受け取る木村さん(右)たち=京都市東山区

 コロナ禍で収入減に悩む障害者就労支援施設「なづな学園」(京都市東山区)に、地元の介護者の会「つくし」がマスク150個の製作を依頼した。イベント中止で販売の場を失った園を支援することも目的で、同会は「 ...

関連記事 一覧へ