メニュー 閉じる メニュー

11月1日の早大―立教大は中止 早大のチーム関係者がコロナ陽性

2020.10.28 16:58 宍戸 博昭 ししど・ひろあき
昨季の関東大学リーグ1部TOP8を制した早大
昨季の関東大学リーグ1部TOP8を制した早大

 

 関東学生アメリカンフットボール連盟は10月28日、早大のチーム関係者に新型コロナウイルス感染者が確認されたため、11月1日に予定されていた関東大学リーグ1部TOP8の早大―立教大を中止にすると発表した。

 今季の取り決めにより、早大は当該関係者の発症日である10月24日から2週間のチーム活動停止となった。

 

 例年のリーグ戦であれば、早大は棄権で不戦敗となり立教大に勝ち点がつくが、関東学連は今季、新型コロナウイルスの影響で試合ができない場合は「中止」とするとしている。

 今季のTOP8は8校をA、Bブロックに分けてリーグ戦を実施しブロック内の順位を勝ち点で決定する。

 さらに、両ブロックの同順位が対戦して順位を決める方式を採用しているが、勝ち点で並んだ場合は当該チームの対戦成績で順位を決定。勝ち点が同じで直接対決も引き分けの場合は、抽選で順位を決める。

 

 早大と立教大の試合が中止になったことに伴い、11月1日に同じ会場で開催予定だった中大―日大は、会場と試合開始時間が変更になった。

宍戸 博昭 ししど・ひろあき

名前 :宍戸 博昭 ししど・ひろあき

プロフィール:1982年共同通信社入社。運動記者として、アトランタ五輪、テニスのウィンブルドン選手権、ボクシングなどスポーツ全般を取材。日本大学時代、「甲子園ボウル」にディフェンスバック、キックオフ、パントリターナーとして3度出場し、2度優勝。日本学生選抜選出。NHK―BSでNFL解説を20年以上務めている。

最新記事