メニュー 閉じる メニュー

個別銘柄戦略:神戸物産や富士通などに注目

2020.10.7 9:17

*09:17JST 個別銘柄戦略:神戸物産や富士通などに注目

6日の米国市場では、NYダウが375.88ドル安の27772.76、ナスダック総合指数が177.88pt安の11154.60、シカゴ日経225先物が大阪日中比130円安の23270といずれも下落した。7日早朝の為替は1ドル=105円60-70銭(昨日大引け時は105.67円付近)。本日の東京市場では、米国株安を嫌気して昨日買われたソフトバンクG<9984>やトヨタ<7203>の反落が予想され、ソニー<6758>、東エレク<8035>もさえない動きが続きそうだ、米長期金利低下から三菱UFJ<8306>、みずほ<8411>など大手銀行株も軟化しよう。反面、観光需要の回復加速の思惑からOLC<4661>やJR東海<9022>にも買いが入ろう。一方、強気の投資判断や目標株価の引き上げが観測されたくら寿司<2695>、神戸物産<3038>、ナブテスコ<6268>、SMC<6273>、技研製作所<6289>、富士通<6702>、キーエンス<6861>、SGホールディングス<9143>などに注目。

《HH》

市場ニュース&レポートは株式会社フィスコから提供を受けています。掲載情報の著作権はフィスコに帰属します。記事の無断転用を禁じます。情報内容は保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、47NEWSおよびフィスコは一切の責任を負いません。

▶︎株式会社フィスコ:ディスクレーマーについて

関連記事 一覧へ