痩せる目的は薬の適応外 糖尿病薬で注意喚起

2020年10月01日
共同通信共同通信
 医薬品医療機器総合機構(PMDA)は、2型糖尿病の治療薬「GLP1受容体作動薬」について、この薬を製造・販売している製薬企業4社による「適正使用に関するお知らせ」をウェブサイトの注意喚起情報のページに掲載した。
 
 

 


 美容・痩身・ダイエットを目的とした適応外の使用を推奨していると受け取れる広告などがインターネット上の一部ホームページなどに掲載されているとして、ダイエット目的の処方や利用をやめるよう求めている。
 この薬は2型糖尿病のみへの使用が承認されているが、インターネット上には「無理せず痩せる」「減量に成功」などのキャッチコピーで健康保険の利かない自由診療の処方をうたう医療機関の広告が散見されている。
 GLP1受容体作動薬は、消化管から放出されるホルモンであるGLP1の受容体を介して、血液中のグルコース濃度に依存した(血糖を下げる)インスリンの分泌を促進し、また(血糖を上げる)グルカゴンの分泌を抑制することで、血糖コントロールを改善する作用がある。注意喚起では、適応外の使用により健康被害が発現する可能性があるとしている。
 この問題では今年7月、日本糖尿病学会が、会員向けの見解を発表。
 学会は見解の中で「適応外使用に関して、2型糖尿病を有さない日本人での安全性と有効性は確認されていない」と指摘。
 その上で会員に向けて、誤解を招きかねない不適切な広告表示を厳に戒めて適正な処方を行うことを求め、専門医による不適切な使用の推奨は国民の信頼を損ねると警告している。

新聞社の注目記事

カセットこんろのガスボンベ破裂か 焼き肉中の爆発で重体の女性客が死亡 伊丹、業過致死容疑視野に捜査
12月04日
神戸新聞神戸新聞
ベトナム人実習生、偽造品販売に手を染めるケース相次ぐ 来日時に借金、コロナ禍で生活困窮
08時49分
北海道新聞北海道新聞
ロイホ「パンケーキ」酷評、思わぬ余波 ネットで擁護拡大、品切れも
10時16分
西日本新聞西日本新聞
「戦術三笘」は実は筑波大時代から 当時から抜きんでた存在に監督「チーム勝たせろ」 卒論にもまとめていた
12月04日
東京新聞東京新聞
男性トイレに汚物入れ…設置に努める医療関係者の思い 福井、小倉智昭さんも普及のきっかけに
07時20分
福井新聞福井新聞
最優秀に赤池君(松山・久枝小) 松山で県小学生プログラミング大会 「歩いて競う健康アプリ風ゲーム」
12月04日
愛媛新聞愛媛新聞
  • 共同通信会館
  • 地域再生大賞
  • ふるさと発信
  • 弁当の日
  • 共同通信会館
  • 地域再生大賞