メニュー 閉じる メニュー

大逆風はんこ業界「残っているのは日本だけ」 印章文化存続へ、趣味用に活路

2020.9.24 7:30 京都新聞
印鑑を手彫りする河合社長。コロナ禍で需要が縮む中、趣味用のはんこで活路を探る(京都市中京区・河政印房)

印鑑を手彫りする河合社長。コロナ禍で需要が縮む中、趣味用のはんこで活路を探る(京都市中京区・河政印房)

 新型コロナウイルスの感染拡大により、企業の「脱はんこ」化が進んでいる。従業員の出社を抑制するテレワークの浸透で、決裁や契約書類への押印を見直す動きが広がった。一方、はんこを製造販売する印章業界は大逆 ...

関連記事 一覧へ