メニュー 閉じる メニュー

関西学生リーグ1部は10月17日に開幕 今季は8チームによるトーナメント方式

2020.9.7 16:11 宍戸 博昭 ししど・ひろあき
2019年シーズンの神戸大との試合でTDを挙げる関学大RB三宅(21)=撮影:武部真
2019年シーズンの神戸大との試合でTDを挙げる関学大RB三宅(21)=撮影:武部真

 

 関西学生アメリカンフットボール連盟は9月7日、新型コロナウイルスの影響でトーナメント方式で開催される、2020年度の関西学生リーグディビジョン1(1部)の試合日程を発表した。

 1部8チームによるトーナメントの1回戦は、10月17日に関大―京大、立命大―桃山学院大、18日に関学大―同志社大、神戸大―近大をともに神戸市王子スタジアムで実施する。

 準決勝の2試合は11月8日に神戸市王子スタジアム、決勝は11月28日に大阪・万博記念競技場で行われる予定だ。

 

 関西学連は、各ラウンドで敗れたチームも一律3試合を行う方針で、そのための日程を11月7、29、12月5日に確保している。

 

 新型コロナウイルスの感染症をめぐる状況の変化によっては、スケジュールの変更やシーズンを途中で打ち切る可能性もあるという方針は従来通り。

http://www.kansai-football.jp/2020/09/07/div1-%e3%82%b9%e3%82%b1%e3%82%b8%e3%83%a5%e3%83%bc%e3%83%ab/

 

 

 

 

 

宍戸 博昭 ししど・ひろあき

名前 :宍戸 博昭 ししど・ひろあき

プロフィール:1982年共同通信社入社。運動記者として、アトランタ五輪、テニスのウィンブルドン選手権、ボクシングなどスポーツ全般を取材。日本大学時代、「甲子園ボウル」にディフェンスバック、キックオフ、パントリターナーとして3度出場し、2度優勝。日本学生選抜選出。NHK―BSでNFL解説を20年以上務めている。

最新記事