メニュー 閉じる メニュー

「村上春樹を読む」(107)深く、広く、重層的な世界 新短編集『一人称単数』について・その1

2020.9.4 14:36 小山鉄郎

 正直、まとまって読むのは素敵だなと思いました。  短編集『一人称単数』(2020年7月、文藝春秋)を読みました。小説の新刊は長編『騎士団長殺し』以来3年ぶり、短編集としては『女のいない男たち』以来 ...

関連記事 一覧へ