メニュー 閉じる メニュー

宮城・大川小の犠牲から教訓学ぶ 岩手の伝承施設職員が訪問

2020.7.15 20:38 共同通信
佐藤敏郎さん(右端)の案内で大川小校舎を視察する、岩手県釜石市の津波伝承施設「いのちをつなぐ未来館」のスタッフら。手前左から2人目は菊池のどかさん=15日午後、宮城県石巻市

佐藤敏郎さん(右端)の案内で大川小校舎を視察する、岩手県釜石市の津波伝承施設「いのちをつなぐ未来館」のスタッフら。手前左から2人目は菊池のどかさん=15日午後、宮城県石巻市

 岩手県釜石市の津波伝承施設「いのちをつなぐ未来館」でガイドをする職員らが15日、東日本大震災で児童74人が犠牲になった宮城県石巻市立大川小を訪れた。当時釜石市立中から避難し助かった職員もおり「未来 ...

関連記事 一覧へ