メニュー 閉じる メニュー

障害への理解で合理的配慮を 警察官DNA採取訴訟から考える、許容する社会の大切さ

2020.7.8 7:00 47NEWS
大阪高裁

大阪高裁

 重度の知的障害と自閉症がある兵庫県在住の40代の男性が、近くの地蔵尊でポリ袋を燃やしたとされる事案で、警察が男性に実施したDNA型検査の手続きの妥当性を巡り、裁判で争われた。そこで示されたのは、「 ...

関連記事 一覧へ