メニュー 閉じる メニュー

1部TOP8の開幕は10月中旬を予定 関東学連が公式戦開催について発表

2020.7.1 13:17 宍戸 博昭 ししど・ひろあき
2018年の関東大学リーグの法大―立教大
2018年の関東大学リーグの法大―立教大

 

 関東学生アメリカンフットボール連盟は7月1日、2020年の公式戦について、同日付での決定事項を発表した。

 関東学連は、新型コロナウイルスの影響を大きく受けることになる今季は、競技団体としての社会的責任を踏まえ①競技に関わる自分たちが感染しない、他人にうつさないことを心がける②選手及び関係者の安全確保を最優先する③1試合でも多く公式戦を成立させることを目指す―などを基本姿勢としている。

 また、各チームの状況や各大学の方針がさまざまであることから、今季を「特別なシーズン」と位置づけ、例年とは異なる形で実施することを決めた。

 試合の日程、方式の判断時期についてはA、B、Cの三つのプランを用意。当面は「関東大学リーグ1部TOP8の開幕を10月中旬(日程は調整中)とし、各リーグはリーグ分割またはトーナメントで争う。7月末に実施可否を判断する」という「プランA」で準備を進める方針だ。

 試合は原則「無観客」で実施し、状況の変化によっては、開幕前の中止や途中での打ち切りもあり得るとしている。

 関東学連の発表内容の詳細は次の通り。

http://www.kcfa.jp/information/detail/id=4368

宍戸 博昭 ししど・ひろあき

名前 :宍戸 博昭 ししど・ひろあき

プロフィール:1982年共同通信社入社。運動記者として、アトランタ五輪、テニスのウィンブルドン選手権、ボクシングなどスポーツ全般を取材。日本大学時代、「甲子園ボウル」にディフェンスバック、キックオフ、パントリターナーとして3度出場し、2度優勝。日本学生選抜選出。NHK―BSでNFL解説を20年以上務めている。

最新記事