メニュー 閉じる メニュー

氷見で酒粕入りうどん 髙澤酒造場開発 海津屋協力 芳醇な香り

2020.6.13 2:17 北國新聞

 氷見市の酒造会社髙澤酒造場は12日までに、酒粕を生地に練り込んだうどんを開発した。日本酒の芳醇(ほうじゅん)な香りが楽しめる。製麺会社氷見うどん海津屋(同市)が製造で協力した。単体で販売するほか、純 ...

関連記事 一覧へ