メニュー 閉じる メニュー

スポーツジムは第2段階で緩和へ 都が行程表、カラオケは第3段階

2020.5.26 13:34 共同通信

 東京都が新型コロナウイルス特別措置法の緊急事態宣言解除を受けた休業要請緩和のロードマップ(行程表)で、スポーツジムを第2段階、カラオケ店を第3段階に位置付ける方向で調整していることが26日、関係者への取材で分かった。同日午後に開く都の対策本部会議で協議する。

 都は3段階のロードマップを策定し、26日から博物館や美術館、図書館などを対象とした第1段階の緩和を実施。当初はジムやカラオケ店などの業種についてはクラスターの発生歴やリスクを考慮し、全面解除後に営業を再開する施設としていた。国が25日にこれらの業種への対処方針を示し、ロードマップに盛り込む方針に変更した。

 第2段階は劇場や映画館、学習塾などが対象。都は感染者数などの指標を見極め、早ければ月内の移行も検討している。