メニュー 閉じる メニュー

居間もトイレも台所も 家でも見つかる運動の場 【新型コロナ・ミニ知識】

2020.5.26 14:00 共同通信

 家でもその気になれば簡単に運動できます―。健康・体力づくり事業財団は毎日の暮らしの「ながら」「ついで」を活用した「生活アクティブ体操」を紹介している。

 居間でテレビを見ながらできるのは足首の曲げ伸ばし。床に両脚を伸ばして座り、後ろに両手をついて行う。そのまま足首を左右に振ると、股関節もほぐせる。両膝を立てて左右に倒したり、両手で片方ずつ、ももを抱え込んでお尻の筋肉を伸ばしたりする体操もお勧めだ。

 トイレに立ったら、ついでに腰を回したり、背伸びをしたりしてみよう。便座に座る、立ち上がるを繰り返すとスクワットになる。

 台所も運動の場だ。流し台に手をついて体を支えれば、かかと上げや軽いスクワットなどさまざまな体操ができる。

 体を伸ばす動きは気持ち良さを感じる強さで10秒間を2回、体をほぐす動きは5~10回が目安。動いて痛みを感じたら体操は控えよう。(5月19日配信)