相撲協会、コロナ抗体検査実施へ 希望者全員に1カ月程度で

2020年05月13日
共同通信共同通信

 日本相撲協会は13日、希望する協会員全員を対象に、新型コロナウイルスの感染歴を調べる抗体検査を実施すると発表した。おおよその感染状況を把握し、専門家からの助言を踏まえ、今後の感染対策や本場所開催に向けた取り組みに活用していくとしている。検査を終えるまでに1カ月程度を要する見込み。

 相撲協会は24日に初日の予定だった大相撲夏場所を中止。7月19日初日の本場所について、会場を名古屋から東京・両国国技館に移し、無観客での開催を目指している。

 角界では新型コロナウイルスに感染した28歳の三段目力士、勝武士(高田川部屋)が13日に死去した。

新聞社の注目記事

ベトナム人実習生、偽造品販売に手を染めるケース相次ぐ 来日時に借金、コロナ禍で生活困窮
08時49分
北海道新聞北海道新聞
ロイホ「パンケーキ」酷評、思わぬ余波 ネットで擁護拡大、品切れも
10時16分
西日本新聞西日本新聞
カセットこんろのガスボンベ破裂か 焼き肉中の爆発で重体の女性客が死亡 伊丹、業過致死容疑視野に捜査
12月04日
神戸新聞神戸新聞
男性トイレに汚物入れ…設置に努める医療関係者の思い 福井、小倉智昭さんも普及のきっかけに
07時20分
福井新聞福井新聞
坂井市職員を収賄容疑で逮捕 福井県警、贈賄疑いで建設会社の役員も
15時30分
福井新聞福井新聞
「戦術三笘」は実は筑波大時代から 当時から抜きんでた存在に監督「チーム勝たせろ」 卒論にもまとめていた
12月04日
東京新聞東京新聞
  • 共同通信会館
  • 地域再生大賞
  • ふるさと発信
  • 弁当の日
  • 共同通信会館
  • 地域再生大賞