メニュー 閉じる メニュー

腹部に鉗子、23年間放置 激痛訴えるも「加齢」と説明

2019.6.24 14:34 47NEWS
北オセチア共和国

北オセチア共和国

 日本でも手術後にガーゼやチューブなど異物を残したまま縫合してしまい、後に見つかり大きな問題となる場合があるが、ロシアの場合は、比較にならないほどひどい医療事故が明らかになった。女性の骨盤部に23年 ...

関連記事 一覧へ