メニュー 閉じる

47News

47リポーターズ

47リポーターズ

デジタルEYE

『今』を切り取るコラムと記者リポート。世界と日本各地に広がる共同通信のネットワークをフル回転し、政治、国際、経済、事件・事故、科学、くらし、文化の諸テーマに迫る。

【世界から】ドイツから消える書店 LGBT関連書扱う老舗が閉店

2017.12.19 16:49
Share on Google+ このエントリーをはてなブックマークに追加
書店オーナーのハラルド・ヘルウェルス氏。店内は一般の書店と変わりない=シュピッツナーゲル典子撮影

書店オーナーのハラルド・ヘルウェルス氏。店内は一般の書店と変わりない=シュピッツナーゲル典子撮影

 ドイツ南西部のマンハイム。同国を縦断するように流れる大河・ライン川の上流に位置するこの街は大学都市として知られる。それゆえ、街の中心には学生向けの専門書店や大手書店チェーンのタリアなどがあり、どの ... [記事全文]

関連記事一覧