【世界の街から】往来は自由、なぜ検問所? ドイツ・バイエルン

オーストリア・ザルツブルクからドイツ・バイエルン州に通じる高速道のドイツ側にある国境検問所=9月(共同)
オーストリア・ザルツブルクからドイツ・バイエルン州に通じる高速道のドイツ側にある国境検問所=9月(共同)
2018年10月24日
共同通信共同通信

 9月下旬、オーストリア・ザルツブルクからドイツ・ミュンヘンへ通じる高速道。記者仲間らと一緒にアルプスに向かって走る快適なドライブを楽しんでいたが、ドイツ国境の手前2キロで渋滞に出くわした。ドイツ側に国境検問所があるためだ。

 欧州26カ国は国境検査を廃止し、往来を自由化する協定を結んでいる。だが、治安に深刻な懸念がある場合は検査可能との規定があることを盾に、2015年の欧州難民危機後、ミュンヘンを州都とするバイエルン州は検問所を維持している。

 実際には車線を狭めて徐行させ、警官が立っている所を通るだけ。身分証提示も求めない。

 「日本人(筆者)とフランス人とスペイン人が乗っているスロバキアナンバーのレンタカー。十分あやしい。なぜ止めないのか」。スペイン人の男性がハンドルを握りながら笑った。

 この高速道は100万人もの移民、難民がシリアなどからドイツに押し寄せた15年、主要入国ルートの一つだったが、難民らの数は危機以前に戻った。並行する一般道に警官の姿はない。何のための検問所なのだろう。

 「不法移民から国民を守る姿勢を示す政治的ポーズ」。車内はこんな見方で一致した。昨年のドイツ連邦議会選では、難民に寛容なメルケル首相の与党は反移民政党に支持を奪われている。

 バイエルン州の村で車を降りると、州議会選の候補者ポスターが並んでいた。10月に投開票が行われ、与党は歴史的な大敗を喫した。来年5月には欧州連合(EU)欧州議会選。政治の季節は続く。(共同通信=ブリュッセル支局・小熊宏尚)

共同通信共同通信

国内外約100の拠点を軸に、世界情勢から地域の話題まで、旬のニュースを的確に、いち早くお届けします。

https://www.kyodonews.jp/

47リポーターズの注目記事

増えてる「梅毒」、マッチングアプリやSNSでの出会いが原因なの? 過去最多の1万人超えの性感染症、専門家に聞いてみた
11月28日
47NEWS47NEWS
在沖縄米軍基地の維持を望んだのは韓国・台湾だった 日本復帰50年の沖縄、元副知事は「ないがしろにされている」と心情吐露
11月27日
47NEWS47NEWS
手足に鎖、頭をそられ、習近平をたたえ続ける…中国のウイグル収容施設、勤務した教師が見た凄まじい光景
11月24日
47NEWS47NEWS
強制連行訴訟、中国人「受難」が「友好」へと変わる希望 裁判に勝った西松建設が異例の和解をしたのはなぜか
11月25日
47NEWS47NEWS
「故郷熊本でカフェを」事故死した長男の遺志、母が継ぐ 〝30歳〟の日に開店、コーヒー通じ被害者支援の取り組みも
11月26日
47NEWS47NEWS
「私を大事にしてくれた夫。お返ししたい、その一心でした」財務省決裁文書改ざん問題で戦ってきた赤木雅子さんが判決前に思うこと 安倍元首相と交わした最初で最後の言葉、国葬で思い出したあの日の寂しさ
11月23日
47NEWS47NEWS
  • 共同通信会館
  • 地域再生大賞
  • ふるさと発信
  • 弁当の日
  • 共同通信会館
  • 地域再生大賞