メニュー 閉じる

47NEWS

47リポーターズ

47リポーターズ

【辺野古から】サンゴ移植に疑問 研究者「生き残る可能性低い」

2018.5.16 16:01 共同通信
Share on Google+ このエントリーをはてなブックマークに追加
沖縄県名護市辺野古への米軍普天間飛行場移設に向けて埋め立てられる海域で、絶滅の恐れがあるオキナワハマサンゴが見つかった(防衛省沖縄防衛局作成の資料から)

沖縄県名護市辺野古への米軍普天間飛行場移設に向けて埋め立てられる海域で、絶滅の恐れがあるオキナワハマサンゴが見つかった(防衛省沖縄防衛局作成の資料から)

 沖縄県名護市辺野古への米軍普天間飛行場(宜野湾市)移設に向けて埋め立てられる海域に生息するサンゴの移植を巡り、政府と沖縄県が応酬を続けている。しかし、サンゴの生物学を研究する大久保奈弥(おおくぼ・ ...

関連記事 一覧へ