メニュー 閉じる

47News

47リポーターズ

47リポーターズ

デジタルEYE

『今』を切り取るコラムと記者リポート。世界と日本各地に広がる共同通信のネットワークをフル回転し、政治、国際、経済、事件・事故、科学、くらし、文化の諸テーマに迫る。

【辺野古から】2月に名護市長選 移設争点、政権介入で激戦

2018.1.10 16:02
Share on Google+ このエントリーをはてなブックマークに追加
米軍普天間飛行場の移設を争点に市長選が実施される沖縄県名護市

米軍普天間飛行場の移設を争点に市長選が実施される沖縄県名護市

 沖縄県名護市長選が1月28日告示、2月4日投開票の日程で実施される。米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古移設が最大の争点。移設を推進する安倍政権が一市長選に介入し、激戦の様相を呈している。 ... [記事全文]

関連記事一覧