メニュー 閉じる

47News

47リポーターズ

47リポーターズ

デジタルEYE

『今』を切り取るコラムと記者リポート。世界と日本各地に広がる共同通信のネットワークをフル回転し、政治、国際、経済、事件・事故、科学、くらし、文化の諸テーマに迫る。

【辺野古から】対立深めた1年 埋め立て着工、法廷闘争再び

2017.12.27 16:01
Share on Google+ このエントリーをはてなブックマークに追加
最初に着工した「K9」護岸。約100メートルになった=7月24日、沖縄県名護市辺野古沿岸部、小型無人機から

最初に着工した「K9」護岸。約100メートルになった=7月24日、沖縄県名護市辺野古沿岸部、小型無人機から

 沖縄県名護市辺野古への米軍普天間飛行場(宜野湾市)移設を巡り、2017年は国と沖縄県が対立を深めた1年だった。移設を推進する国は埋め立て工事に着手。移設を阻止したい県は工事差し止めを求めて提訴し、再 ... [記事全文]

関連記事一覧