メニュー 閉じる

47News

47リポーターズ

47リポーターズ

【第34回】サハリンを忘れない 残留者と心の交流11年  青春かけたカメラマン

2017.8.26 0:00
Share on Google+ このエントリーをはてなブックマークに追加
川瀬米子さん(中央)とニガイ・レフさん(右)夫婦の札幌市の住まいを訪れた後藤悠樹さん。「花が大好き。サハリンを思い出しながら植物を育てている」と部屋の前の家庭菜園で川瀬さんは話す=6月9日(撮影・堀誠)

川瀬米子さん(中央)とニガイ・レフさん(右)夫婦の札幌市の住まいを訪れた後藤悠樹さん。「花が大好き。サハリンを思い出しながら植物を育てている」と部屋の前の家庭菜園で川瀬さんは話す=6月9日(撮影・堀誠)

 7月6日、カメラマンの後藤悠樹さん(31)は、ロシアのサハリン島西海岸の港町、ホルムスクを訪ねた。  11年前に、この町で初めて出会った川瀬米子さん(74)とニガイ・レフさん(74)夫婦の&ldq ... [記事全文]

関連記事一覧