メニュー 閉じる メニュー
47リポーターズ

47リポーターズ

微粒子観測、泥の分析…南極の地で燃やす情熱 観測隊の若手研究者たち

2020.2.28 10:30 47NEWS
南極の空気中に漂うさまざまな微粒子「エーロゾル」を観測する第61次観測隊員の石野咲子さん=1月、昭和基地(共同)

南極の空気中に漂うさまざまな微粒子「エーロゾル」を観測する第61次観測隊員の石野咲子さん=1月、昭和基地(共同)

 日本から遠く離れた場所で、南極観測隊員はさまざまな研究に打ち込んでいる。中には、30歳前後の若手研究者もいる。第61次隊には、大気中の微粒子を追っかけたり、池の底の泥を採ったりする研究者がいた。「分 ...

関連記事 一覧へ